③体が冷えた時
こんなタイミングでの喫煙は、毛細血管を縮め血流を悪くすることで、ビタミン等の栄養成分を体の隅々へ運ぶのを阻害します。これはまさにお肌に対して自虐的な行動を自らとっていることになります。愛煙家でなくても夏場のお風呂上がりに汗をかくのが気持ち悪いので扇風機やクーラーで一気に体を冷やすのも同様です。新陳代謝を促すべきところを知らず知らずに阻止してしまっているのです。つまり自ら痩せたいのに痩せにくい体にしていってる事になります。

また、脳みそを使う事(物事を考えたり、悩んだり)は、想像以上にエネルギーを消費しています。神経質な人で痩せ形が多いのはこの作用だと言えるのかも知れません。出来れば未来的・生産的な方向で脳みそをしっかりと活動させた方が精神衛生上良いのは言うまでもありません。

そこで、目線を変えた今回のダイエット方法とは・・

例えばですが・・
ジョギングをするとします。
朝早起きしてからするのと、寝る前にするのとどちらも効果は同じだと思われますか?
消費するエネルギーはきっと同じだと思われます。
ただ違うのは、朝早起きしてジョギングした場合、せっかく消費したエネルギーを補おうとしている不安定な体に、しっかりした朝食を摂ることでプラスマイナス0にしてしまいませんか?就寝前であればおおよそ、ジョギング後に軽くシャワーで汗を流してもその後に夜食となるとなんとなく罪悪感みたいな感情にならないでしょうか?
要するに同じ消費をする運動等であってもタイミングによって効果には大きな違いが生まれるのです。

ただ、就寝前にジョギングとなると少し敷居が高くなるかも知れません。
そんな時は、自宅に居ながらにして出来るエクササイズでお試しください!
ちなみに、呼吸法も実はあなどれなく大事だったりします。腹式呼吸で日常よりより多くの空気を体に入れ、そして日常よりより多く吐き出す・・その際に気功などでお馴染みの『丹田』をしっかり意識するだけでも効果は異なります。

【ヨガ】

がお勧めです、是非お試しくださいませ!

Share

関連ページ