■リバウンドとダイエット
苦しいダイエットに耐えて、劇的な成功を修めた方でも、多かれ少なかれリバウンドに出くわした事はきっと多いはず。
では、なぜリバウンドが起こるのか?をご存知でしょうか?

食事制限によるダイエットが、リバウンドをより起こしやすい体を作ります。
そのメカニズムは・・
食事制限を行うと、まず今までに摂取していたエネルギーが絶対的に減少します。
つまり、細胞(体)に供給されるエネルギーが減少します。
そうすると、細胞は残念ながら、微量なエネルギー摂取で最大限に生命維持を計ろうとします。
これがホメオスタシスによる生体の状態を一定に保とうとする生体恒常性作用が働きます。
この状態になるとダイエット期間中であれば停滞期となり、ダイエット中断後であればリバウンドとなります。

ホメオスタシスの作用により、細胞は現状を維持しようとしたり、元に戻ろうとします。
要するに細胞は、記憶を持ち元に戻ろうとするのです。

また、ダイエットにより体重が減少した場合は、脂肪も減少しておりますが、同様に筋肉も通常は減少しております。
体内に摂取したエネルギーの多くを消費するのは、筋肉です。
ダイエットに成功し、体重が減少した場合には、確実に体の消費エネルギーも減少した状態、基礎代謝低下となっております。
この基礎代謝が減少した体で、ダイエット前と同様のエネルギー摂取をした場合は、体内に脂肪として蓄えられます。
これまた、リバウンドです。

細胞は通常、2~3か月で再生されると言われております。
上記の事を踏まえて、本当の食事制限によるダイエットを考えると、1~2年計画で実行しなければ、継続的かつ健康的なダイエットにはなりません。

Share

関連ページ