■中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸とは?
脂肪酸のうち飽和脂肪酸に分類されるのが、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つになります。

飽和脂肪酸
(一般的に動物性)
短鎖脂肪酸 カプロン酸
中鎖脂肪酸 カプリル酸
カプリン酸
ラウリン酸
長鎖脂肪酸 ミリスチン酸
パルミチン酸
ステアリン酸
アラキジン酸
不飽和脂肪酸
(一般的に植物性)
一価不飽和脂肪酸 オレイン酸
多価不飽和脂肪酸 リノール酸
リノレン酸

飽和脂肪酸と言えば、バター、ラードなど食用油脂に多く含まれることから、大量に摂取すると血液中のコレステロールを増加
させる為、太りやすい脂肪酸として知られておりました。その背景には、多くの天然系の食物では、短鎖脂肪酸や長鎖脂肪酸が多く含まれていたからなのですが、最近の研究では中鎖脂肪酸であれば、余分なエネルギーとして体内に蓄積しないことが判明してきております。つまり、摂取後の分解構造が大きく他の脂肪酸と比べて違い、ほとんどが血中に流れることなく、燃焼される可能性が非常に高くなっているのです。

さらに、中鎖脂肪酸には、基礎代謝を活性化させる効果や、アミノ酸に分解される訳でもありませんが筋肉量を増やす臨床結果も報告されており、痩身(ダイエット)の秘策としても活躍しそうな情報が満載となっております。
また、基礎代謝の活性化と筋肉量の増加となれば、摂取後に運動をする事で健康的な痩身(ダイエット)を更に促進する可能性があります。

こんな魅力的な、中鎖脂肪酸を現在自分自身で試験的に摂取しておりますので、後日お知らせいたします。
ただいま、摂取を始めて1週間ですが、基礎代謝の活性は感じている次第です。
是非、ご期待下さい!

Share

関連ページ